トレチノイン ハイドロキノンクリーム通販

トレチノイン・ハイドロキノン治療に使う「ビタミンC誘導体ローション」

「東大式トレチノイン療法」とビタミンC誘導体のローション

 

多くの美容クリニックや美容皮膚科で行われている東大式トレチノイン療法
トレチノインやハイドロキノンの軟膏と共に高濃度のビタミンC誘導体のローションを使います。

 

東大式トレチノイン療法とは

 

 

洗顔⇒化粧水⇒高濃度のビタミンC誘導体ローション⇒トレチノイン軟膏⇒ハイドロキノン軟膏⇒保湿剤

 

の順で行います。

 

ビタミンC誘導体をトレチノインやハイドロキノンの治療に加えると、美白の相乗効果が得られます。
そのため、トレチノインやハイドロキノンの軟膏と一緒に、ローションが処方される場合が多いです。

 

この高濃度のビタミンC誘導体ローションは市販のものでも構いません。

 

市販の化粧品は、複数の配合成分がある場合、配合量の多いものから先に表示されます。

 

ビタミンC誘導体ローションを選ぶ場合は、全成分表示を確認して、ビタミンC誘導体に当たる成分が
多く含まれているのものを選びましょう。

 

ビタミンC誘導体のローションの種類

肌に良いと知られるビタミンCは、安定性が低く、空気による酸化や水に溶かすと活性を失うなど、
安定性が低い成分です。

 

さらにそのままでは肌にあまり浸透しません。

 

ビタミンC誘導体はその欠点を改善し、皮膚への浸透力を高めたものです。

 

ビタミンC誘導体には高浸透型水溶性脂溶性の3種類があり、どれも東大式トレチノイン療法に使われます。

 

その病院によって処方される種類が異なります。

ビタミンC誘導体の種類 @高浸透型(進化型)

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 

別名APPS(アプレシエ)とも呼ばれます。

 

水溶性のビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えて親油性も与え、浸透性を向上させたものです。
皮脂となじみ、水分に溶け込むも合わせ持つ高浸透する進化型です。

 

水溶性と脂溶性の良い点を合わせ持つ、一番注目度が高いビタミンC誘導体です。

 

高浸透型ビタミンC誘導体の特徴

 

■通常のビタミンCの100倍、水溶性・脂溶性のビタミンC誘導体よりも高い浸透力

 

■ビタミンC誘導体ローションによくある、使用後のつっぱりや乾燥が少ない

 

■水溶性ビタミンC誘導体で出ることがある、赤みや刺激がない

 

表皮と真皮で効果を発揮

 

 

おすすめの高浸透型ビタミンC誘導体ローション

 

サイクルプラス「エンリッチローション」

 

 

>>高浸透型ビタミンC誘導体配合:サイクルプラスの購入はコチラ

 

変質を防ぐために、高浸透型ビタミンC(APPS)をローションとパウダーの2剤式にしたものです。

 

自分でこの2剤を混ぜ、1ヶ月以内に使い切ることによりベストな状態で高浸透型ビタミンC(APPS)を使用できるローションです。

 

 

>>サイクルプラス エンリッチローションの効果口コミレポートはコチラ

ビタミンC誘導体の種類 A水溶性

リン酸アスコルビルNa(APS、アスコルビルリン酸Na)
リン酸アスコルビルMg(APM、アスコルビルリン酸Mg)
アスコルビン酸グルコシド(AG)
アスコルビル酸エチル

 

今まで一番使用されてきたポピュラーなビタミンC誘導体です。
即効性があり低コストのため、病院でよく処方されています。

 

水溶性ビタミンC誘導体の特徴

 

吸収が早く、即効性がある

 

■表皮で効果を発揮する

 

■赤くなったり、乾燥したりする時がある

 

■高濃度のものは冷蔵保存が必要

B脂溶性

イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(VC-IP、テトラヘキシルデカン酸アスコビル)
ステアリン酸アスコビル

 

脂溶性ビタミンC誘導体の特徴

 

■肌なじみが良い

 

■刺激が少なく、乾燥が少ない

 

■真皮まで浸透する

 

■浸透するのに時間がかかる

 

おすすめの脂溶性ビタミンC誘導体ローション

 

SiBODY VCローション

 

 

>>VCスターターセットの購入はコチラ

 

脂溶性ビタミンC誘導体のイソステアリルアスコルビルリン酸2Na(VC-IP)を配合したローション。

 

毛穴ケア・ニキビケアに特化したシリーズ。

 

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・界面活性剤フリー・鉱物油フリーの安心処方で
特にニキビやいちご鼻改善のトレチノイン・ハイドロキノン治療におすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ