トレチノイン ハイドロキノンクリーム通販

通販で買える高濃度ハイドロキノン一覧

通販で買える高濃度ハイドロキノン

 

肝斑やシミの治療で絶大な効果を発揮するハイドロキノン。
化粧品などにも配合されている成分ですが、日本の市販のものだと、ハイドロキノンの濃度は1%〜2%程度です。

 

高濃度と言われるドクターコスメのアンプルールで2.5%です。

 

病院のシミ治療で使用される高濃度のハイドロキノンの軟膏やクリームを手に入れる方法は
病院に足を運ぶか、海外より個人輸入をするかです。

 

通販で買えるトレチノインの一覧はコチラ

ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)ハイドロキノン4%

 

>>ユークロマ クリーム(Eukroma Cream)の購入はコチラ

 

ハイドロキノンの濃度が4%のクリームです。

BIHAKUEN(ビハクエン)ハイドロキノン4%

 

>>(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%の購入はコチラ

 

ハイドロキノンの濃度は4%です。

 

今なら返金保障、2本で1本無料プレゼント(計3本)もあり。

ハイドロキノンの濃度について

ハイドロキノンの軟膏やクリームには1%〜10%の濃度の違いがあります。

 

市販されているハイドロキノン配合の化粧品の濃度は
1%〜2%のものが多いようです。

 

私が病院で処方されたハイドロキノンは4%のものでした。

 

6%以上の高濃度のものは、長い間使い続けると白斑を起こすことが
報告されています。

 

濃度が高いものは漂白作用もより強くなりますが、肌への負担も増え、
炎症などの副作用が起きやすくなります。

 

まずは目立たない部分でパッチテストを行ってから、まずは濃度の低いものから
試してみることをおすすめします。

ハイドロキノンがシミに効果がある理由

 

ハイドロキノンはいちごやブルーベリーなどのベリー類のフルーツ、麦芽やコーヒー、紅茶などの食品にも含まれる成分です。

 

このハイドロキノンがシミ治療に効果がある理由は2つあります。

 

メラニン色素を作らせない

肌の一番外側の表皮は、4つの層からできています。
その一番下の層「基底層」にメラノサイトという細胞が分布しています。

 

肌に紫外線を浴びると、メラサイトはメラニン色素を作り出します。
その後、健康な若い肌ならばメラニン色素はターンオーバーにより排出されます。

 

しかし大量の紫外線を浴びて、一気にメラニン色素の生成が行われたり、
加齢などによりターンオーバーが乱れると、メラニン色素は排出されずに滞留します。

 

これがシミの元となります。

 

ハイドロキノンにはメラノサイトの働きを抑制してメラニン色素を作り出すのを抑える働きがあります。

 

シミの元を作り出さない、溜めない働きにより、気休めではないシミ予防ができます。

 

今あるシミを薄くする還元作用

 

すでに肌に存在するシミの色を薄くする効果もあるハイドロキノン。

 

それはハイドロキノンの酸化を抑える「還元作用」という働きが関係しています。

 

肌の中で作られて滞留したメラニン色素は、酸化して黒くなりシミとなります。

 

ハイドロキノンはその強い還元作用により酸化を還元して、シミの色を薄くします。

 

 

上記の2つの効果により、今あるシミを治療しながら、これからできるシミも同時に予防することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ