トレチノイン ハイドロキノンクリーム通販

夏のトレチノイン+ハイドロキノンの使用

夏のトレチノインとハイドロキノンの使用

 

トレチノインとハイドロキノンの使用中の日焼けは厳禁。

 

そうなると真夏にトレチノインとハイドロキノンの使用が可能かどうか、気になるところです。

 

完璧な紫外線ケアができるなら、答えはYESです。
キチンと日焼け止めを徹底できるなら、トレチノインとハイドロキノンの効果は夏でも変わりません。

 

でもちゃんと紫外線ケアができる自信がないなら、秋になってから治療を始めるのがベター。

 

トレチノインとハイドロキノンはシミにとても効果がある治療法ですが、
治療中に紫外線ケアを怠ると、取り返しがつかないことになります。

 

トレチノインとハイドロキノンを使用中の肌はバリア機能が低下して
紫外線の害を直に受け、新しいシミができたり、今あるシミがさらに濃くなってしまう危険性があります。

 

治療中は1日の油断も許されません。
今日は曇りだから・・・とか短時間だけしか外にでないから・・・とかは無しです。

 

私はトレチノインとハイドロキノン使用中にバーベキューに行き、簡単な日焼け対策しかせず、
肝斑が濃くなってしまった経験があります。

夏でもトレチノインとハイドロキノンの治療に向いている人

夏でもトレチノインとハイドロキノンの治療に向いている人とは

 

● デスクワークなどで日中は室内で過ごす人
● こまめに日焼け止めを塗りなおせる人
● 夏のアウトドアレジャーに行かない人
● 夜型で昼間は外に出ない人
● 日傘をさすのが苦じゃない人

 

紫外線が強い夏にトレチノインとハイドロキノンを使用する場合は
日焼け止めはSPF50 PA+++の効果の強いものを、2〜3時間置きに塗り直します。

 

スプレータイプやパウダータイプの日焼け止め、飲む日焼け止めも併用しましょう。

 

トレチノイン・ハイドロキノン治療中の日焼け止めについて詳しく

夏でもトレチノインとハイドロキノンの治療に向いていない人

夏でもトレチノインとハイドロキノンの治療に向いていない人とは

 

● 屋外で働いている人
● 海などのアウトドアのレジャーに行く人
● 日中に日焼け止めを塗りなおせない人
● 昼間に長時間車を運転する人

 

常に日差しを浴びてしまう環境にいる場合、充分な紫外線ケアができない場合は、夏の使用は控えるべきです。

 

シミ治療なのに、かえってシミを増やしてしまう可能性があります。

 

紫外線量が減る10月頃から、治療を始めるのが賢明です。
その際にもできる限りの日焼け止めはすべきです。


ホーム RSS購読 サイトマップ