トレチノイン ハイドロキノンクリーム通販

トレチノイン ハイドロキノン治療中の乾燥対策

トレチノインとハイドロキノン使用中の乾燥対策

トレチノインを使い始めると、数日で皮がむけ始め、乾燥が始まります。

 

私は普段はどちらかと言ったらオイリーなのですが、トレチノインとハイドロキノンを使っている間は、驚くほど乾燥し、かゆみと赤味が起こります。

 

徹底的な保湿をすることで、乾燥やかゆみを多少抑えることができます。

 

保湿に使うものは刺激の少ないプロペト(ワセリン)や馬油などを使う人が多いようです。
トレチノインとハイドロキノンを塗った上からでも、使用可能です。

病院で処方される保湿剤は?

病院やクリニックでは、トレチノインやハイドロキノンと共に、保湿剤も処方されることがあります。

 

その場合はヒルドイドソフト軟膏が処方されることが多いです。

 

 

ヒルドイドは市販されていませんが、海外のものを購入可能です。

 

パッケージは日本版のピンクのものと異なりますが、成分や効果は同じです。

 

 

>>ヒルドイドクリームの購入はコチラ

その他のおすすめの保湿剤 ヒトプラセンタジェル

 

保湿効果が高いプラセンタですが、化粧品に配合されているプラセンタは、豚や牛、羊、植物由来のものです。

 

一番保湿力が高いのは人間の胎盤から抽出される「ヒトプラセンタ」ですが、医薬品にしか配合されていません。

 

ヒト由来のプラセンタは日本ではサプリメントなどにも配合されていません。

 

美容クリニックでこのヒトプラセンタの注射や点滴を受けることができますが、国内では市販品はありません。

 

トレチノイン・ハイドロキノン治療中の乾燥対策に最適なヒトプラセンタのジェルを
海外から個人輸入ができます。

 

>>ヒトプラセンタジェルの購入はコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ